スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


世界平均気温、過去最高タイ=今年3〜5月―気象庁(時事通信)

 気象庁は15日、今年3〜5月の世界の平均気温(速報値)が1891年の統計開始以来、1998年と並び過去最高になったと発表した。
 同庁によると、3〜5月の平均気温は、平年値(71年〜2000年の30年間の平均値)と比べてプラス0.41度となり、98年と同じ値だった。要因としては、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加や、昨年夏に発生したエルニーニョ現象の影響が考えられるという。
 一方、日本の同時期の平均気温は平年値比でマイナス0.27度だった。これは日本付近で4月に、低気圧が通過するなどした結果、雨や曇りが多く、気温が低かったためという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
エルニーニョ現象が終息=日本の夏、北は涼しく
ローソン、リチウムイオン電池活用の創エネ設備=松山の店舗に初導入
日銀、本店旧館ライトアップを中止=温暖化防止で21日〜7月7日
ビル駐車場で4人CO2中毒=作業員、バルブ閉め忘れか

千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
中3、ユーチューブに「銀魂」など違法投稿容疑(読売新聞)
早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
嘱託殺人 「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)
牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)

財務副大臣に池田元久氏が内定(産経新聞)

 財務相に昇格する野田佳彦財務副大臣の後任に、池田元久衆院議員が8日、内定した。池田氏は衆院神奈川6区選出で当選6回。党「次の内閣」(NC)の財務担当を務めたことがある。

【関連記事】
民主が全国幹事長会議を17日に開催
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任
「怒鳴り合っていない」 民主・池田氏が指摘
「安定した人が入閣」 新政権へ宮城知事
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」(産経新聞)
仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
ベストバイの Twitter 活用術(前編)〜従業員2,100人が、たった1つのアカウントで生活者と対話する
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)

シダー、13年3月期に85拠点、売上100億目指す―拡大路線へ(医療介護CBニュース)

 通所介護事業所や介護付有料老人ホームの運営などを手掛けるシダーは5月31日の決算説明会で、2013年3月期をめどに、拠点数85か所、売上高100億5000万円を目指す中期経営計画を明らかにした。今年3月期は事業所の新設を抑制して社内の組織体制や教育制度の充実を図ったが、来年3月期からは「再び拡大路線をとっていく」(松尾剛管理本部長)方針だ。

 中期経営計画での拠点数を事業別に見ると、通所介護を手掛ける「デイサービス事業」(今年3月時点で25事業所)、訪問看護などの「在宅サービス事業」(同19事業所)については、年間1拠点程度を整備。13年3月期の売上高はそれぞれ34億円、8億5000万円を想定する。介護付有料老人ホームなどを全国に展開する「施設サービス事業」(同23施設)では、年間4-5施設を新設し、13年3月期には売上高58億円を見込む。

 また、同社の山崎嘉忠社長は決算説明会で、在宅サービス事業のうち訪問リハビリテーションなどの分野を強化する考えを表明した。同社は現在、本社のある福岡県で訪問リハビリを展開している。山崎社長は、全国の中核都市で運営する事業所に理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職を配置し、地域で専門的なリハビリサービスを提供することにより、他社との差別化を図る考えを示した。

■施設サービスの入居率好調で増収増益―今年3月期
 同社がこのほど発表した今年3月期通期の業績は、売上高が83億3200万円(前期比17.8%増)、営業利益が前期比2.7倍の4億800万円。事業別の売上高は、デイサービス事業31億7500万円(同8.8%増)、施設サービス事業44億1500万円(同27.0%増)、在宅サービス事業7億4200万円(同9.1%増)だった。
 通所介護では、1事業所の譲渡を受けたほか、北九州市内の事業所には認知症対応型の通所介護を併設した。既存事業所の利用者も堅調に推移した。また、施設サービスでは甲府市内に有料老人ホーム1施設を新規開設したほか、既存施設の入居率も今年3月時点で95.9%と好調だった。

 来年3月期通期の業績予想は、売上高87億5900万円、営業利益3億1300万円を見込む。介護付有料老人ホーム3施設、通所介護1事業所を新たに開設するが、新設に伴う初期投資費用がかさみ、約1億円の減益となる見通し。


【関連記事】
シダー、利益改善し増収増益−訪問リハビリなど強化へ
地域特化型高専賃を開始、訪問介護軸に都内から―メッセージ
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD
営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結
デイサービスの定員、倍の60人に―ツクイ

福島氏進退で緊迫=社民に連立離脱論―普天間、政府方針決定へ(時事通信)
地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
口蹄疫 「拡大不安」全国で警戒(産経新聞)
16歳教え子にわいせつ行為=容疑で高校非常勤講師逮捕―警視庁(時事通信)
女性と接触、一時運転見合わせ=山陽新幹線、新尾道駅で(時事通信)

通所介護の稼働率向上で15%増収―ケアサービス(医療介護CBニュース)

 通所介護や湯灌(ゆかん)サービスなどを手掛けるケアサービスは5月20日、今年3月期通期の決算を発表した。売上高は55億500万円(前期比15.9%増)、営業利益は3億5700万円(同5.7倍)だった。居宅介護支援事業所への営業によって稼働率が向上したほか、継続して取り組んでいるコスト削減が寄与した。

 同社は東京23区内に集中して通所介護事業所を展開。今年3月期は4か所を新規開設し、計45か所となった。

 来年3月期通期の業績予想は、売上高60億5600万円、営業利益3億2200万円。通所介護事業所を23区内に5か所、湯灌サービスの事業所を愛知県内に1か所新規開設するため、先行投資による費用増を見込む。また、介護職員を含む従業員の教育・研修制度の充実で費用が増える見通し。


【関連記事】
有料老人ホーム事業など25%の増収−シップHD
ニチイ学館、介護で初の売上高1千億円突破―今年3月期
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与
やまねメディカル、3割超の減益―行政処分が影響
介護事業60%増収、今期デイサービスを13か所新設−ヒューマンHD

普天間「月末へ最終努力」=首相(時事通信)
飲酒検問 警官大けが 車が急発進、容疑で男逮捕 大阪(産経新聞)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
咲き誇る“日本一”鴻巣のポピー畑(産経新聞)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)

心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)

 心電図の送信機のチャンネル番号を間違えて入力したため、別の患者の心電図を見て患者に治療・処置を行った事例が2006年1月から10年3月末までに5件報告されていることが、日本医療機能評価機構のまとめで分かった。

 同機構が5月17日に公表した「医療安全情報(2010年5月)」によると、あるケースでは、看護師が患者Aの心電図モニタを表示するためにセントラルモニタを設定する際、送信機のチャンネル番号を間違えて入力。入力した番号は、患者Bのものだったため、セントラルモニタの患者Aの心電図が表示されるべき場所に患者Bの心電図が表示され、これに心室性不整脈が認められたため、患者Aに治療が行われたという。

 この事例が発生した医療機関では現在、▽受信している心電図のチャンネル番号が患者に装着されている送信機と合っているかを確認▽セントラルモニタの設定手順を確立―の取り組みを実施している。

 同機構では、無線の医療機器を使用する際は、院内にチャンネルを管理する人を配置するなど、責任体制を明確にするよう注意を促している。


【関連記事】
AED8万5000台を自主改修―日本光電工業
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果
医療事故調の早期設立訴えシンポ−医療過誤原告の会

立て替え資金、兵庫県に負担命じる=土地信託事業で逆転判決―大阪高裁(時事通信)
鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)
囲碁 本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
偽装結婚関与の疑いで県職員逮捕=比人ホステスの長期滞在図る―山梨(時事通信)
エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)

もんじゅ、6日運転再開=検査終了、14年ぶり−福井(時事通信)

 1995年のナトリウム漏れ事故以来、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の試運転再開を控え、経済産業省原子力安全・保安院の事前立ち入り検査が5日、終了した。保安院は準備状況に問題がないと判断。日本原子力研究開発機構は6日午前、もんじゅの運転を14年ぶりに再開する。
 保安院は3日から3日間の日程で立ち入り検査を実施。運転手順やトラブルの処理状況など、試運転再開に向けた準備態勢をチェックした。
 最終日の5日は、原子力機構の組織体制について、岡崎俊雄理事長ら幹部からヒアリングを実施。検査官らは原子力機構の同行なしで、95年にナトリウムが漏れた現場も確認した。
 原子力機構は6日午前10時半ごろ、原子炉の制御棒を引き抜き、試運転の第1段階となる「炉心確認試験」を開始。早ければ8日に臨界に達する。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」
もんじゅ、現場作業の確認開始=保安院、試運転に向け

鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
民主「鳩山首相支える」=県内移設に社民反発(時事通信)
[静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました(レスポンス)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)

<首相官邸>電池入り不審郵便物届く(毎日新聞)

 23日午前10時40分ごろ、東京・永田町の首相官邸で、郵便受けに不審な茶封筒が届いているのを職員が発見した。警視庁の爆発物処理班がエックス線検査したところ、乾電池2本とリード線が付いたモーターが確認された。警視庁は何者かが爆発物に似せて送り付けたとみて調べている。

 麹町署によると、封筒は東京23区内で22日に投函(とうかん)されたもので、あて名は「鳩山総理大臣様」と書かれていた。差出人は都内の男性になっており、実在する人物かも含め捜査している。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
仙谷担当相:首相官邸内に執務室 首相との面会頻繁で
鳩山首相:親が自殺した遺児と官邸で面会
在日米軍再編:普天間移設 官邸、鹿児島・徳之島に「密使」 移設先、最有力案に浮上

<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)
<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
<ローソン>脅迫文に「商品に毒物入れる」(毎日新聞)
AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)

独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)

 衆院は16日の本会議で、独立行政法人(独法)の不要な財産を国庫に納付するよう義務付ける独法通則法改正案を与党3党などの賛成多数で可決した。一方、自民、公明、みんなの野党3党が共同提出した対案は否決した。 

<口蹄疫>宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請(毎日新聞)
<谷垣総裁>自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で(毎日新聞)
100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら−欧州火山灰(時事通信)
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で−関係筋(時事通信)
インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)

<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)

 心臓に障害を持つ愛知県豊橋市の小池勝則さん(当時37歳)が死亡したのは、勤務先の家電量販店の過重労働が原因だとして、妻友子さん(40)が労災認定を求めた訴訟の控訴審判決が16日、名古屋高裁であった。高田健一裁判長は身体障害者の労災認定について「平均的な労働者でなく、本人(の障害の程度)を基準に考えるべきだ」とし、業務と死亡の因果関係を認定。

 原告側の請求を棄却した1審名古屋地裁判決を取り消し、労災を認定する判決を言い渡した。

 専門家によると、過労死訴訟判決では「平均的な労働者」を基準に労働が過重だったかどうかを判断するのが一般的で、身体障害者について本人の障害程度を判断基準に示した判決は極めて珍しいという。

 1審判決は、心疾患のリスクが増えるとされる時間外労働は月45時間だとして、小池さんが月33時間の時間外労働をしていたことについて「心停止を発症させる原因になり得るほど過重だったとはいえない」と認定した。これに対し高裁判決は、身体障害者雇用促進法などで障害者の職務が過重とならない配慮が求められていることを示したうえで「業務による負荷が過重かどうかの判断は小池さん本人を基準にするべきだ」と指摘。

 小池さんの業務を過重労働だったとして死亡との因果関係を認めた。

 判決によると、心臓に障害を持つ小池さんは97年に身体障害者手帳(3級)の交付を受けた。00年11月に家電量販店に身体障害者枠で採用、店内での販売業務をしていたが、同12月、不整脈で死亡した。友子さんは01年11月に労災認定申請をしたが、豊橋労働基準監督署は不支給としていた。【高木香奈】

【関連ニュース】
記者過労死:原告の請求棄却 東京地裁
公務災害:教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 糖尿悪化死亡、業務と関係否定−−東京地裁
労災認定訴訟:記者の労災認めず 時事通信社社長室の話
公務災害認定訴訟:「生徒暴力で教師自殺」認定−−大阪地裁判決

首相動静(4月19日)(時事通信)
営業停止中にまた食中毒 大阪府警が会席料理店を告発(産経新聞)
民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)
<特急しなの>タヌキはね遅れ 愛知・春日井(毎日新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)

B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)

 全国B型肝炎訴訟の原告と弁護団は6日、東京・霞が関の厚生労働省周辺で、国に早期の和解協議入りを求めて座り込みなどの要請行動を行った。原告側は先月、鳩山由紀夫首相や長妻昭厚労相ら6閣僚に「被害実態を直接伝えたい」として面談を要請したが、「訴訟の対応を検討中で、現段階では責任ある具体的な話ができない」などの理由でいずれも拒否されたため、抗議の意味も込めた。

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めた訴訟は、先月12日に札幌地裁で、同26日には福岡地裁で、相次いで和解が勧告された。原告側は和解協議に応じることを決めたが、国側は札幌地裁の次回期日(5月14日)までに結論を出すとして慎重な姿勢を崩していない。

 和解勧告を受け、原告側は先月下旬、長妻厚労相らに面談を要請したが、いずれも拒否されたり、回答がなかったという。原告側は「被害者の声すら聞こうとしない態度は理解できない」として、座り込みをすることを決めた。一連の訴訟では、東京や福岡など10地裁で419人が提訴している。【佐々木洋】

【関連ニュース】
B型肝炎:福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示

<岡田外相>米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告(毎日新聞)
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)
「顧客奪われ、白タクの売り上げ減った…」同業者を監禁し刃物で刺し金奪う(産経新聞)
「正義感強くまじめ」=海外取材何度も、15年超のベテラン−銃撃で死亡の村本さん(時事通信)
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
借金整理
探偵社
債務整理
クレジットカード現金化
カードでお金
モバイル ホームページ
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM